MENU

歯医者さんとコラボ

2015年9月29日

歯医者さんは「かみ合わせ」(咬合)を整えることに長けています。
ミリ未満の精密な精度を職人的な技術で調整できます。
ところが、「顎関節のバランス」を整えることは意外と苦手です。

根本的な理由は…、

基本的に顎関節症は保険診療が適用"されない"ことにあります。つまり顎関節症を扱っても保険点数にはならないということです。

顎関節のバランスをみるには特殊な訓練が必要ですし手間もかかります。
多忙な歯科治療のかたわら、顎関節バランスを整えることは、時間的にもなかなか困難なのです。

もちろん意識の高い歯医者さんもいらっしゃいます。ただ、多くの歯医者さんにとって、実は顎関節症は「やっかいごと」だったりするわけです。

また、顎関節の動きは、頸椎(けいつい)を含めた背骨や骨盤のバランスとも連動しています。つまり、アゴ以外の部位を整えることが重要なのです。

骨格調整を診る技術・知識の習得は、歯科と別の専門領域です。
顎関節症を専門的に診るためには、歯科に加えて筋肉や関節の勉強をしないといけないということです。

私は歯医者さん向けのセミナー講義をする機会があります。
(大学時代に勉強したはずの)咀嚼筋の知識も忘れてしまっている歯医者さんは多いです。

ましてや脊柱起立筋(=いわゆる「背筋」はいきん)や骨格の名称をイチから覚えなおすことは大変。

つまり、歯医者さんが全身を診ることは現実的ではないのです。

確かに、マウスピース治療やボトックス注射など、顎関節症の歯科的アプローチもあります。でもこれらは対症療法にとどまります。なかなか好結果にはつながりません。

※決して、歯医者さんの悪口を言いたいわけではありません。
あくまでも、歯科治療と骨格調整とは「専門領域が違う」という話なのです。

一方、

私の場合は、歯科治療の知識・技術は持ち合わせていません。
整顎アプローチをしても改善が限定的な場合、歯の咬合に問題があることが多く、私では対応しきれないケースがあります。

この場合、当院では顎関節症への深い理解をお持ちの歯医者さんをご紹介させていただいております。

歯医者さんと連携を取りながら、歯科治療と整顎を進めることでアゴ難民を救うお手伝いをしているわけです。

長文にお付き合いいただきありがとうございました。
また、ときどき顎関節や骨格の健康についてお話ししますね。


アーカイブ

2017

最新記事

メディア掲載実績

News!Tarzan掲載されました。
プレミアムフライデーキャンペーン
オレア成城 整顎モニター募集

院の情報

【日本整顎協会】東京・世田谷の
顎関節症治療・アゴの悩み専門

i_logo.png

p_staff03.jpg

 

成城オフィス
〒157-0066

東京都世田谷区成城2-40-7 トップ成城学園6F


【営業時間】
10:00〜13:00、
15:00~20:00(平日)
10:00〜18:00(土)

【店休日】
水曜日、日曜日、祝日

 

【営業時間】
10:00〜18:00(土)

 

 

 


btn_contact.png

btn_tel_nav.png


© 2017 All rights reserved.