MENU

アゴがはずれたらどうする!?

2015年5月7日

 

米国公認ドクター・オブ・カイロプラクティック、日本整顎協会の藤原邦康です。


今日は、顎がはずれてしまった場合の処置について、ご説明をします。


まず、口を開くメカニズムなんですが、上顎と下顎がありまして、下顎、下顎骨の下顎頭と言うところの上に関節円盤と言う軟骨が乗っかって、クッションの役割、そして、ガイド役、口を開ける、閉めるの、ガイド役をしています。


ここに外側翼突筋と言う筋肉がつながって、口を開く時は、この筋肉が引っ張ることで、関節円盤とおよび下顎頭が前に出ます。


このことで、この溝からロックが外れ、エンドを行うことで、口が開く、そして、口が閉じて、下、後ろにガイド役の関節円盤、および下顎頭が溝にはまることで閉じる、と言う動きが出来る。


これが正常な動きです。


ところが、筋肉のバランスが悪く、関節円盤と下顎頭が、前に出た時に、勢いで、下顎頭が前方に行き、関節円盤より前に出てしまうと言うことが起こることがあります。


そして、口を開くんですが、閉じる時に本来は、後ろに戻らないといけないんですが、下顎頭が、関節円盤の前にあるので、つっかえ棒になって、後ろに戻ることが出来ず、開いた状態のままになります。


こういったケースでは、うちも経験があるんですが、口が開いた状態で、いわゆる、顎が外れた状態で来院されます。


これの処置については、特殊な操作方法がありますので、気になるからと言って、顎を引っ張ったり、無理矢理閉じようとしたり、これはですね。


ご自身でもそうですし、ご家族や周りの人にそういう無理矢理なことをさせないようにして下さい。


で、この顎が外れる状態と言うので多いのが、外傷です。


転んで顎を打ったとか、場合によっては、人に殴られたと言うことで、外傷を受けて、それによってその反動、勢いで、さっきのような下顎頭が前に出て、後ろに戻らないと言う症状が出てくる場合があります。


これには、まず、X線診断が必要です。


レントゲンですね。


外傷を受けた、打撃を受けた時は、まず、骨折を除外する必要があります。


骨折がないと言うことを確認するために、まず、整形外科に行って下さい。


で、整形外科の先生で、詳しい方の場合は、顎を元に戻す操作が出来る場合もあります。ところが、悪徳医な先生もいらっしゃるので、その場合には、医科歯科系の大学病院にご相談下さい。


近くにない場合でも電話で相談することで、対処法を教えていただけることがあります。


外傷が明らかにないよ、と言うことで、それでも口が開いたまま、元に戻らないと言うことには、筋肉の筋スパズムと言いますが、過緊張が起きている場合があります。


特に外側翼突筋、上のパート、下のパートがありますが、下のパートが、過剰に筋肉が強く引っ張られている状態です。


これに対する処置法。


まず、ご家庭、ご自分で出来る簡単なやり方としては、アイシングです。


氷嚢や保冷剤、あるいは、ミックスベジタブルと言うものなどでも結構なんですが、冷たいものを顎に、ですね。


顎と言うのは、顎関節と言うのは、耳の穴のすぐ手前にあります。


この周辺を冷やすことによって、頭の重みとか、突っ張った感覚が減ってくれば、あとは、安静にすることで、徐々に口が閉じると言う状態に持って行ける場合も、症状が軽度の場合はあります。


重度になると繰り返しになりますが、ご自分で何か引っ張ろうとしたり、無理矢理閉じようとしたりと言うことはしないで、日本整顎協会、あるいは、大学病院に相談していただくことをお勧めします。


と言うことで、今日は、顎が外れた場合の処置法についてお話をしました。

 


アーカイブ

2017

最新記事

メディア掲載実績

News!
オレア成城 整顎モニター募集

院の情報

【日本整顎協会】東京・世田谷の
顎関節症治療・アゴの悩み専門

i_logo.png

p_staff03.jpg

 

成城オフィス
〒157-0066

東京都世田谷区成城2-40-7 トップ成城学園6F


【営業時間】
10:00〜13:00、
15:00~20:00(平日)
10:00〜13:00(土)

【店休日】
水曜日、日曜日、祝日

 

【営業時間】
10:00〜18:00(土)

 

 

 


btn_contact.png

btn_tel_nav.png


© 2017 All rights reserved.