小田急「成城学園前」駅より徒歩1分

診療時間
平日10:00~13:00 15:00~20:00
土曜日10:00~13:00
定休日 水・日曜日、祝日

サライ(小学館)新記事。アゴに関わりの深い頭痛について解説しました。

緊張型頭痛は重く圧迫されるような痛みです。原因の一つは、食いしばり癖がある人は普段から咀嚼筋にストレスがかかっているからです。特に閉口筋の一つで、側頭部を扇形に覆っている「側頭筋」が過緊張を起こすとこめかみを万力でグイグイと締め付けられるような痛みを生じます。もともとアゴは1日に2,000~3,000回ほど反復運動するといわれており、咀嚼筋には慢性の凝りや負担が蓄積していることが多いといえます。そんな状況で固いアイスバーなどの固い食べ物を普段より強い力で咀嚼しようとすると、側頭筋に力が加わって症状の引き金となり痛みを生じるわけです。

関連記事

  1. オーラルフレイル予防を。

  2. 仙骨の痛みとアゴ、意外な連動性

  3. 小学館「サライ」連載2回目

  4. あの症状は顎関節症のせい!?| 顎関節症チェックリスト

  5. 開口学x整顎

  6. 群発性頭痛の意外な原因とは!?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。