小田急「成城学園前」駅より徒歩1分

診療時間
平日10:00~13:00 15:00~20:00
土曜日10:00~13:00
定休日 水・日曜日、祝日

お尻から腿の裏側の違和感やしびれ

パニック障害を患うNさん40代女性です。右側の頭痛や首・肩のこり、腰痛、足のしびれ、手のしびれなどでもお悩みです。右半身を中心に症状があります。

最近ではだいぶ落ち着いてきましたがここ1、2ヶ月ほど、お尻の辺り、仙腸関節から大腿の裏側にかけて違和感や痺れを感じていらっしゃいます。前回の施術では、骨盤周りを調整しました。本日、診たところ、骨盤のバランスはしっかりと良い状態をキープできていましたので、今日は骨盤より下の土台を支えている、膝や足首、股関節周りを中心に施術をしました。

まず、右の内側広筋(ないそくこうきん)、および、外側広筋(がいそくこうきん)を調整。それから、右の股関節を内旋の可動域が制限されていましたので、可動域を広げるようにマニピュレーション(操作)を加えました。合わせて、大腿直筋(だいたいちょっきn)の起始点・停止点を調整。特に膝蓋骨(しつがいこつ=膝のお皿)を中心に調整(アジャストメント)しました。左の股関節については、大腰筋(だいようきん)の硬縮がありました。下肢から腰にかけて調整を加えました。さらに左の大腿四頭筋(だいたいしとうきん)に弱化が起こっていることがわかりました。

右の足・膝で踏ん張り、かばっているため主訴につながっているようです。左の内側広筋、膝窩筋(しっかきん)を調整しました。下腿については、右側のバランスは良かったですが、左は内側腓腹筋(ないそくひふくきん)、それから前脛骨筋(ぜんけいこつきん)、長・短腓骨筋(ひこつきん)の機能制限がかかっていましたので、調整して正常化しました。うつ伏せでは右下半身のこわばりが確認できましたので、骨盤周りをバランスを取りました。施術後、歩いていただくと下肢のバランスが安定し、歩き方がスムーズになりました。ご本人にも、腰が安定していることを実感していただくことができました。

藤原 邦康
米国公認ドクター・オブ・カイロプラクティック
一般社団法人 日本整顎協会 理事

関連記事

  1. ガクッと顎がずれてしまったら!?

  2. 3分【動画解説】羽生結弦選手の足首の捻挫の原因は?

  3. 背中グッキリ。日本舞踊から肋間神経痛に。

  4. 育児中のめまい

  5. 顎関節症や肩甲骨の痛み、腰痛を防ぐ画期的な方法とは?

  6. お尻・坐骨・仙腸関節周辺の痛み

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。