小田急「成城学園前」駅より徒歩1分

診療時間
平日10:00~13:00 15:00~20:00
土曜日10:00~13:00
定休日 水・日曜日、祝日

お尻・坐骨・仙腸関節周辺の痛み

今日いらした方は70代の女性、Kさんです。体に負担をかけるような仕事や日常動作は特にありません。今日は、右のお尻の辺り、坐骨に軽い痛みが出るということで来院されました。 前かがみで歩くと、うずくような痛みが増すということでした。触診してみると右の坐骨周辺に筋肉のこわばりが見られました。動的触診をすると、左右の仙腸関節の動きが制限がありました。幸い下肢の痺れはないということで放散痛はなし。

ちなみに、前回は顎関節の調整(整顎)をしましたので、首・肩のこわばりはありません。(意外と、後頭部首の付け根のこわばりから仙骨の動きを悪くなって、それが下半身に悪影響を及ぼす場合も多いですけど、ね。)姿勢としては、上半身のバランスも良く、左右の肩の高さも揃っていて、良好でした。

そこで、今日は下半身を中心に施術を進めました。背骨の軸の歪み(ねじれ)をまず取り除いて全身を緩めた後、腰仙関節 の可能制限に対処しました。Kさんの訴えにあったように、仙骨の伸展がしづらくなりいました。また、第5腰椎に回旋制限がありましたので、それぞれ処置を行いました。次に、左の梨状筋の硬縮を緩めました。右の梨状筋は柔軟でしたが、腸腰靭帯から大臀筋にかけて硬縮がみられましたので、 緩和操作を行いました。

この時点で、Kさんは「腰全体が軽くなってきました」とお話しされていました。こうなるとゴールは近いです。仙骨の傾きを取り、胸椎腰椎の境い目(胸腰移行部) を緩めました。頚椎胸椎の境い目(頸胸移行部) の負担も取りました。その後、 下半身に戻って、 仙腸関節の制限(サブラクセーション)を調整。ゆっくり起き上がってもらうと、座位で「お尻にかかる体重が均等になった」と教えてくださいました。妻に立ち上がってもらうと、腰がs伸び、足の踏ん張りが効くようになったことを実感していただきました。

藤原 邦康
米国公認ドクター・オブ・カイロプラクティック
一般社団法人 日本整顎協会 理事

関連記事

  1. 50%OFF!「アゴトーーク」

  2. 育児中のめまい

  3. 最強の骨格調整とは!?

  4. 背中グッキリ。日本舞踊から肋間神経痛に。

  5. お尻から腿の裏側の違和感やしびれ

  6. 顎関節症や肩甲骨の痛み、腰痛を防ぐ画期的な方法とは?

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。